登録販売者の勉強法

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の求人ガイド >> 登録販売者の勉強法

登録販売者の勉強法

■資格試験に合格するための勉強法
登録販売者の資格試験のための勉強法の基本は、厚生労働省が公表している登録販売者試験作成の手引きをしっかりと理解し、過去問題を繰り返し解くことです。

登録販売者の資格試験は各都道府県が実施しますが、地域によって難易度が異ならないように、厚生労働省がガイドラインとして登録販売者試験作成の手引きを作成し、公開しています。各都道府県はこの手引を参考に試験を作成しますから、手引が試験勉強の最も基礎となります。

■参考書を活用しよう
ただしこの手引はページ数も膨大で、文章もわかりにくいのが難点です。手引を解説する専用の参考書を購入して、勉強しましょう。参考書は出版年数の古いものではなく、最新の手引に対応したものを選ぶことがポイントです。参考書である程度の内容が把握できたら、いよいよ手引を読み込んでいきます。参考書を見ながら、手引に書かれてある内容を、ノートにまとめていきましょう。

■過去問題にチャレンジ
独学で勉強する場合、自分では理解しているつもりでも、実はあやふやにしか理解できていないということも多いので、注意しましょう。そのためには、過去に出題された問題集にチャレンジし、間違った箇所をしっかりと確認して、自分が理解できていない箇所を確認することが大切です。過去問題を繰り返し解くことで、自分の苦手分野が把握できます。苦手分野を克服のために、苦手分野について開設されている参考書や手引を何度も読み返しましょう。

登録販売者の試験勉強では、暗記しなければいけないこともたくさんあります。しかし手引の内容をきちんと把握していれば、すべての内容を暗記しなくても、頭で考えれば回答がわかる問題もたくさんあります。暗記作業を楽にするためにも、手引の読み込みが大切です。

■過去問→間違い箇所の確認→手引→過去問
このように過去問題に何度もチャレンジし、間違った箇所については、なぜ間違ったのかをきちんと説明できるようになるまで手引を読み込みましょう。そして再び過去問題にチャレンジし、間違った箇所を確認します。これを繰り返すことが大切です。

過去問題を解くことで、試験の出題傾向やひっかけ問題が分かりますし、時間内にすべて回答できるよう、どのように時間配分をすればいいのかも理解できます。過去問題がランダムに出題されるスマートフォンアプリもありますから、外出先のスキマ時間を利用して勉強するのもおすすめです。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.