登録販売者の自己PR

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の求人ガイド >> 登録販売者の自己PR

登録販売者の自己PR

■どう書く?転職理由
転職時に、履歴書にどのように自己PRを書けばいいのかわからないと悩む人も多いのですが、このようなときは転職先の店舗や企業が、登録販売者に何を求めているのかを考えることがポイントとなります。

■登録販売者に求められるスキル
登録販売者は薬剤師に次ぐ薬の専門家として、薬に関する専門的な知識を活かしながら働くことが求められます。このため最新の市販薬から、長く愛用されているロングセラーの市販薬まで、一般市販薬についての広範かつ専門的な知識が求められます。

そしてこれらの知識を、わかりやすくお客様に伝えること。お客様の症状に合わせた適切な薬をおすすめできること。服用時の注意などのアドバイスができることなど、お客様が安心して薬を購入し、安全に服用できるためのさまざまなサポートを行うスキルが求められます。

また、お客様と良好なコミュニケーションが取れる接客技術や、少しでも多くの商品を買っていただけるよう工夫できる営業スキルに加え、商品管理や売り上げ管理などの実務スキルも求められます。特にドラッグストアなどでは取扱商品数が多いですから、効率よく商品を管理できるスキルは不可欠となります。

さらには同じ店で働く先輩や同僚と仲良くできるスキルも必要です。これらのことをしっかりと考え、自分にはどのスキルに強みがあるかをまず把握しましょう。

■自分の強みを知る
人と接することが大好きで、お客様と気軽に話せる能力に優れていると思う人は、そのことをアピールしましょう。たとえば、来店されるお客様とフレンドリーに接することができ、押し付けがましくはありませんが、どのような商品を選ぶと良いかなどのアドバイスを自然と行えるのが私の強みです。お客様のニーズをしっかりと聞き取り、ピッタリの医薬品や商品を提案することが登録販売者には求められると考えております。などといった自己PRを考えてみてはいかがでしょうか。

また、ムードメーカーとして働けるという人は、私はスポーツが好きで、体育会系の人間です。前職では店舗スタッフのまとめ役、そしてムードメーカーとしての役割を意識しながら働いていました。お客様への接客はもちろんのこと、店の雰囲気になかなかなじめない新人スタッフのフォロー、店を辞めたいと悩んでいるスタッフの相談などにも応じ、私が働いていた店舗では、退職するスタッフが非常に少ないということで本部からの評価も上々でした。このような経験を通じて、店舗スタッフがこの職場で働いて良かったと感じられる職場づくりに精進していく所存です。といった理由も、人材定着に悩んでいる人事担当者には強くアピールします。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.