登録販売者の転職理由

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の求人ガイド >> 登録販売者の転職理由

登録販売者の転職理由

■どう書く?転職理由
中途採用の面接では、必ずといっていいほど、転職理由を尋ねられます。登録販売者が転職を考える場合、今の職場の人間関係、給与が低い、忙しすぎるなどの理由で辞める人が少なくありません。しかしこのような理由を、履歴書に正直に書いたのでは採用されません。特に転職理由で絶対に口にしてはならないのが、前の職場の批判や悪口です。いくらブラックな店舗で働いていたとしても、批判的な言葉は相手に悪印象を与えてしまいます。登録販売者として、やる気を持って仕事に取り組んでいたことをアピールしましょう。そのうえで、さらにステップアップしたいから、仕事の幅を広げたいからなど、前向きな気持ちで転職を希望していることを伝えるのが鉄則です。

スキルアップをアピールしたい気持ちが強い人は、転職先の教育制度が充実しているからという理由を挙げる人も多いのですが、それだけではアピール不足です。これまでの経験に加え、さらに転職先で教育を受けて、その職場が望む人材になりたい。店舗の売り上げアップに貢献したいという気持ちを伝えなければ、熱意を伝えることはできません。教育制度の充実だけを理由にした場合、我が社の教育制度を受けたいために転職するのかと疑われてしまいます。最悪の場合、教育制度を利用してスキルアップした後に、ほかの店に転職するのではないかと思われることもあります。自社が経費と労力をかけて教育した従業員が、会社に全く貢献せず、身につけたスキルを他の店舗で生かすというのでは、会社にとって利益にはなりません。

■転職回数が多くても、堂々としていよう
転職理由をたずねられたときに、必要以上に萎縮する必要はありません。転職回数が多いことが不利に働くのではと恐れ、転職理由を尋ねられるのを嫌がる人もいます。しかし、これまでさまざまな職場を経験したけれど、転職後は骨を埋めるつもりで退職まで一生懸命働くことをアピールすればいいのです。自分の我がままで転職をしたことを後悔したり、自分を批判したりする必要はありません。過去にとらわれず、次の仕事でやりがいを見い出せばいいだけです。このような気持ちで面接にのぞめば、転職理由を尋ねられても前の会社を批判したり、転職理由を言い訳したりすることもなくなります。

■第一印象も大切
面接官は応募者がどのような回答をするのかもチェックしますが、これだけで採用を判断しているわけではありません。第一印象や、接客業にふさわしい人柄かなども見ています。転職理由はもちろん大切ですが、それ以外にも尋ねられたことにはハキハキと答えるなど、言葉以外でも自分をアピールするよう心がけることもポイントとなります。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.