登録販売者の店長候補の求人

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の条件別求人 >> 店長候補

登録販売者の店長候補の求人

登録販売者は薬の販売に欠かせない人材で、店舗管理者として働けます。このため店長候補の求人が数多くあります。

■店長候補の仕事とは
店長候補の求人では転職後、その店舗の業務に慣れたら、店長として働ける能力を持つ人を募集するものです。特にドラッグストアからの求人が多く、登録販売者の資格を活かしながらやりがいをもって働ける仕事です。

具体的な仕事内容はお客様への薬や健康になどに関するアドバイス。お客様の購買心をくすぐる店作りや企画の作成・実行。商品の在庫や売り上げ管理、スタッフの指導など店舗全体の運営・マネージメント業務を行います。

■店長候補の求人で求められるスキル
店長候補の登録販売者には、何よりも接客スキルが求められます。つまり接客がうまく、店舗の売り上げをアップできるスキルです。

またお客様に一人で多く立ち寄ってもらえるように、夏なら脱水症状を防ぐ方法の説明会や、脱水症状に有効な飲料の試飲会など、さまざまな販売企画を立案し、実行できる能力も必要です。

さらには店舗スタッフが情熱をもって働けるように、スタッフのモチベーション維持や働きやすい職場作りなど、人間関係や職場環境にも気を配れる人材でなければいけません。

このように店長にはマルチな能力が求められますから、店長経験のある人は特に歓迎されます。しかし接客スキルが高いなど、店長職にふさわしいと評価されれば、店長職が未経験の登録販売者でも十分に採用につながります。

■登録販売者が店長候補として働くメリット
店長候補として採用されれば、近い将来に店長として働けますから、店長手当などで高収入が得られます。売り上げノルマを達成するなど実績を上げれば、それに応じて昇給や昇進もあります。店長からスーパーバイザーなど本部勤務に昇給する人もいますから、そうなるとさらに安定した収入が得られます。特にドラッグストアの店長の給与は高いことで知られており、年収700万円以上で働いている人も大勢います。

■店長候補の求人に応募するときの注意点
登録販売者として薬の販売に力を入れたいと希望しても、店長職になると店舗全体を管理しなければいけないので、薬の販売は登録販売者の資格を持つ他のスタッフに任せて、自分はマネージメント業務に携わらなければならないなど、思うように働けないことがあります。店長として働くのですから、そのへんは覚悟しておきましょう。

また、売り上げ管理や販売企画の立案など、店舗販売以外の業務も多いので、勤務時間が終わった後に事務作業をするなど、残業や持ち帰りの仕事も多くなります。職場環境について十分に確認し、働きやすい求人に応募することが大切です。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.