登録販売者の夜勤なしの求人

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の条件別求人 >> 夜勤なし

登録販売者の夜勤なしの求人

登録販売者の求人には、夜勤なしのものもたくさんあります。

■登録販売者の夜勤なしの求人
登録販売者として勤務するからといって、必ず夜勤をしなければいけないわけではありません。夜の6時や7時に閉店する薬局もありますし、たとえ夜遅くまで営業しているドラッグストアや24時間営業のコンビニエンスストアであっても、日勤のみの勤務での求人は決して少なくありません。また夜勤ありと書かれた求人であっても、その人が優秀なら、交渉によっては日勤のみの勤務で採用されるケースもあります。夜勤ができないという人は、夜勤なし、日勤のみなどのキーワードで登録販売者の求人を検索してみましょう。

■夜勤なしで働く確実な方法
夜勤なしで働く確実な方法はパートやアルバイト、契約社員として働くことです。パートやアルバイトは働く時間帯が決められていますので、夜勤なしで働くことは比較的簡単です。深夜営業や24時間営業のお店の場合、日勤はパートやアルバイトに任せ、夜勤は登録販売者の資格を持つ派遣社員を外注するケースが多いからです。

契約社員とは会社と直接雇用契約を結び、雇用条件に合わせて働く社員のことで、数年程度の短期契約の場合も多いのですが、こちらの希望条件に合わせた働き方がしやすいので、夜勤なしで働くことは十分に可能です。ただ、契約社員の求人はそれほど多くはありません。正社員求人に応募して、夜勤なし勤務で働けるよう交渉するほうが早道な場合もあります。

■夜勤なし勤務のメリットとデメリット
夜勤なしの勤務のメリットは、夜遅くまで働かなくてもいいので夜の時間を自由に使えることです。育児や介護と仕事を両立させたい主婦や、夜の時間を有意義に使いたい人にとって、非常に魅力的な働き方です。

また日勤だけなので勤務時間がほぼ決まっており、生活リズムを一定に保てるというメリットもあります。夜勤ありの場合は日勤と夜勤の繰り返しで不眠症になったり、体調不良を起こしたりすることがあります。

一方、夜勤なし勤務のデメリットは、高収入があまり期待できないことです。夜勤ありの従業員に対しては夜勤手当などが支給されますし、日勤のみの人と不公平がでないように、ボーナスなど給与待遇面でも優遇されやすくなります。

また、夜勤を行っている従業員から、あの人は日勤しかしないからずるいと不快に思われることもあるので、職場での人間関係に気を使うといったデメリットもあります。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.