登録販売者のボーナスありの求人

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の条件別求人 >> ボーナスあり

登録販売者のボーナスありの求人

登録販売者の正社員募集の場合、ほとんどがボーナス支給ありの求人となります。しかしボーナスが支給されればそれでいいというわけにはいきません。転職時のボーナスで、注意するべき点などを確認しておきましょう。

■転職後、最初のボーナスはもらえない可能性大
ボーナスは査定期間というものが設けられています。多くの会社が夏と冬の年2回のボーナスを支給していますが、例えば夏のボーナスが7月に支給される場合の査定期間は4月から9月、冬のボーナスが12月に支給される場合の査定期間は10月から3月としている企業が一般的です。査定期間とボーナス支給時期の間に9か月の開きがあるのは、査定期間が過ぎてから人事考査をまとめたり、ボーナス支給額を計算したりするなど、事前処理が必要だからです。

もし転職時期が9月だった場合、初のボーナスとなる冬のボーナスの査定期間が終わっていますから冬のボーナスは支給されず、夏のボーナスもスズメの涙ていどの少額しか支給されないのが一般的です。その次の冬のボーナスから、全額が支給されることになります。これはあくまでも一例です。ボーナス支給制度に関しては、法律でボーナス支給が決められているわけではありませんから、会社ごとに制度を決めています。転職前に事前にボーナス制度について、確認しておくことをおすすめします。

■ボーナスの額はどのように決まるの?
ボーナスは基本給の何か月分と決めている会社が多いのですが、そのほかにも勤務成績や勤務態度など、会社への貢献度が加味されることもあります。

特に登録販売者の場合、薬品の販売管理者としてある程度の売り上げが期待されます。ノルマ以上の売り上げを達成するなど、店舗の収益アップに貢献している人は、ボーナスの支給額が増える可能性が高くなります。

賞与の額を決める基準は、就業規定に記載されているのが一般的ですから、転職後は就業規定をしっかりと読みましょう。しかし転職前に、どのような基準で賞与の額が決められるのかについて確認しておくことも大切です。

賞与は必ず支払わなければならない給与とは異なり、従業員のやる気を引き出して、がんばって働いてもらうための奨励金の役割を担っています。このため景気が悪くなったり、店舗の経営が悪化したりするとボーナスの支給額が少なくなったり、最悪の場合はボーナス0円ということもあります。変動制の高い収入であることを頭に入れておきましょう。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.