登録販売者の服装

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の基礎情報 >> 登録販売者の服装

登録販売者の服装

登録販売者は薬の販売に欠かせない資格です。活躍の場は主に薬局やドラッグストアになります。また、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ホームセンターなどからの需要も高まっています。 最近では鍼灸院や整体院、エステティックサロンなど、健康・美容関連事業で薬を販売する店舗も増えています。ドラッグストアなどで購入する薬に迷って意見を聞きたい時には、薬剤師や登録販売者を探します。多くの方はそういった人を探すときに白衣を着てるかどうかで判断するのがほとんどではないでしょうか。薬剤師はかなりの確率で白衣を着ていることがほとんどです。では登録販売者も同様に白衣かというと一概にそうは言えません。

登録販売者は第二、第三類の薬品を販売することができる資格を持つ人のことです。働き方は様々で多くの方は小売店で働いています。しかし、中には配置薬の営業をしている登録販売者もいます。そのため、登録販売者の服装は働き方によって様々です。薬局で働いていれば登録販売者も白衣を着ていることが多いのですが、リラクゼーションサロンやエステティックサロンではネームプレートに登録販売者と記載されているのみで他のスタッフと同じ制服であることが多いです。

ドラッグストアやディスカウントストアなど比較的店舗の敷地が広い場合はなかなか店員が見つけにくいので、分かりやすいように白衣を着ていることが多いです。しかし個人商店のようなところではエプロンや私服であるところもあります。整骨院や鍼灸院などはスタッフ全員白衣のところが多いですが、院によっては国家資格所持者のみ白衣で、トレーナーや受付、登録販売者などは別の制服というパターンも多いです。また、小売業でなく配置薬の営業などをしている場合はほとんどはスーツかオフィスカジュアルです。

しかし共通して忘れてはいけないことは、どこで勤めることになっても接客業であるということです。また薬に関わる職業になるので、清潔さはキープするように気をつけるべきです。どんなに知識や誠意を持っている人であっても、第一印象の決め手は見た目が9割です。医薬品等の説明や相談などの仕事であるので信頼してもらえるか否かがとても重要です。例えば女性の場合は濃すぎる化粧やネイルもいけません。 男性なら髪の毛がボザボザだったり、無精ひげを生やしていたりと不潔な印象を与える格好は、薬を提供する立場にはふさわしくありません。明るすぎカラーリングも避けるべきです。清潔感を感じさせる配慮は接客業である以上当然必要です。自分自身を客観的に見て、話しかけやすいか信頼してもらえるかなどを考えるとよいです。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.