登録販売者の定年

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の基礎情報 >> 登録販売者の定年

登録販売者の定年

就業時間や賃金の適正など雇用にまつわる問題が錯綜している昨今、よりよい転職を行うために資格取得を目指す方も少なくありません。職種も様々でそれぞれに関連のある資格を取得することで職場における自分の価値を高めることができ、賃金や雇用条件などがグレードアップし、より働きやすくなるという希望があります。しかし年齢を重ねるごとに転職に踏み切りにくくなっていきます。そんな意識下の中でも近年では中高年で資格を取得する方が増えています。その理由の1つに定年退職の概念が変化してきていることが考えられます。年金の不安定さを理由に60歳を超えても働くことを選ぶ方が増加しているのです。

中高年の方から人気の資格の中に登録販売者という資格があります。2009年6月に改正薬事法という法律が創設されました。この法律によって薬局などで売られている一般用医薬品がリスクの高い第一類からリスクが比較的低い第三類の3つに分類され、薬剤師のいない薬局でもこの登録販売者の資格を持つ従業員がいれば第二、第三類の薬品が販売できるようになりました。そのため登録販売者の資格をもつ人を積極的に採用するスーパーマーケットやドラッグストア、コンビニエンスストアなどが増加しています。

なぜ登録販売者の資格が人気があるのかというと2つが考えられます。1つ目は実務経験が必要なく就労できるということです。今まではこの登録販売者を受験するには実務経験が必須でした。しかしこの改正薬事法により実務経験がなくても資格を取得すれば経験不問で勤務可能になりました。薬の知識がなくても研修が用意されていますし、実務経験を積んでもらえればよいと考える企業も少なくありません。そのため未経験のスタートでも十分に可能です。

2つ目は雇用形態も様々であるということです。正社員、アルバイト、パートタイムなど自分のライフスタイルで働き方を選ぶことができます。店舗は24時間営業を行っているところが多く、シフトで勤務を組みます。アルバイトやパートでも採用してもらえやすい環境です。またアルバイトやパートタイムの場合、定年制や経験の有無など勤務条件を設けている企業は少なくなっています。そのため、体力に自信がないという高齢者の方や、両親がデイサービスに行っている間に、というような中年の方でも働くことが可能です。医薬品をそろえていく店舗は今後も増えていくことが見込まれるため、まだまだ登録販売者は人数不足の状態です。基本的に接客メインの仕事で、働き方と収入に納得して働くことができるので中高年の方が活躍できる仕事のひとつと言えます。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.