登録販売者の参考書

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の基礎情報 >> 登録販売者の参考書

登録販売者の参考書

登録販売者を独学で目指す方は多く、それに先駆け参考書や問題集も毎年販売されています。登録販売者は大学で薬剤師養成課や薬学課程を卒業しなければ受験資格が与えられない薬剤師とは違い、誰でも受験できる敷居の低い資格となっています。その為、子育て中の主婦や転職を考えているOL、サラリーマンなどにも人気があり、独学で合格を目指す方は少なくありません。登録販売者になる為の資格講座や通信講座もありますが、結構お金も掛かるので参考書を使って独学で合格を目指したい…という方もいるでしょう。しかし初めて薬の分野に携わる方にとってはどの参考書を使えば良いのか分からない、といった不安な状況に陥ることもあります。そこでいくつか参考書を挙げてみます。これから登録販売者を目指そうという方、既に目指しているけれど分かりやすい参考書が欲しいと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

まず初心者の方に向けた参考書は「登録販売者になる!いちばんわかるテキスト!」です。薬学に興味が無かった方でも分かりやすいように文字は二色刷りで、重要な部分は太字になっているのでポイントを抑えながら学習することが出来ます。また所々に練習問題があるので、しっかり理解しているのかを確認しながら進められるのも独学向けです。このテキストは実際に講師の方が授業に取り入れていた事もあるので、分かりやすく理解しやすい点ではお墨付きと言って良いでしょう。

ある程度理解している方には「完全攻略医薬品登録販売者合格テキスト」がいいでしょう。過去の問題を分析し作られているので、試験問題の頻出度が高く、分かりやすいというのがポイントです。登録販売者の問題では専門的な用語や難しい言葉が出てきますが、このテキストでは言葉の言い回しを工夫していたり、詳しく説明されているので初心者でも理解しやすい易しい文章になっています。見落としがちな所や引っかかりやすい所も確認できるので、試験前に読んでおきたいテキストです。

独学するなら参考書選びはとても重要となります。2つのテキストを例に挙げていますが、優れているテキストは他にもたくさんあります。しかし重要なのは、使用する本人が使いやすいと感じるかどうかです。人によってはカラフルな方が印象に残り覚えやすいという方もいれば、逆に白黒だけのほうが覚えやすいという方もいます。まずは手に取って、中身を見ながら自分に合った教材を選ぶようにしましょう。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.