登録販売者に向いてる人

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の基礎情報 >> 登録販売者に向いてる人

登録販売者に向いてる人

近年、医療資格は非常に注目を集めており、インターネット上でもたくさんの医療求人や資格取得に関する情報を目にします。そのような中、少しずつ話題になってきているのが登録販売者という資格ですが、まだ聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。登録販売者とはひと言で言えば一般医薬品を販売するときに必要な資格で、この資格を持っているとドラッグストアや薬局等で特定の医薬品を販売することができるため、働くうえでとても役立ちます。

医薬品を販売するなら薬剤師ではないのか、と疑問に思うかもしれませんが、登録販売者の場合医薬品を販売することが主な仕事内容であり、薬剤師のように薬の調合などは行いません。さらに薬剤師は第一類に該当する一般医薬品から第二類、第三類まで扱うことができますが、登録販売者の場合は第二類と第三類のみなので、薬剤師にくらべると販売できる種類は少なくなります。とは言え一般医薬品を扱える存在は貴重な存在ですし、特に近年大幅に増えているドラッグストアでは優遇してくれるところも多いと言われています。

では、登録販売者に向いている人とはどのような人かというと、これはまず資格の特性を見ると分かりやすく、接客が好きな人や人の役に立ちたいと思っている人がもっとも向いています。たとえばドラッグストアで働いている人の中には薬剤師がいない時間帯にお客さまが来て、自分では対応できずに後悔してしまったという場面も多く、そのような人が登録販売者の資格取得を目指して勉強をはじめるケースはよくあります。

登録販売者の資格は薬剤師と違って大学へ行かなければならないわけでもなく、年齢制限もないので目指しやすく、また持っていれば全国どこのドラッグストア・薬局でも働けます。そして、接客するうえで登録販売者の資格を持っていると医薬品に対する知識があることで、お客さまに対してワンランク上の接客ができるメリットが生まれます。したがって自分の求める接客ができていない、もっと良い接客をしたいと考えている責任感の強い人にも向いていると言えるでしょう。

ドラッグストアや薬局はいろいろな薬を扱いますし、人の健康を守る場所でもありますので、責任感がとても重要になります。せっかくお客さまが来てくれたのに間違った対応をしてしまったために信頼を失ったということもありますので、登録販売者の資格を目指すならより販売に対する意識を高く持つようにしましょう。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.