登録販売者の老後

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の基礎情報 >> 登録販売者の老後

登録販売者の老後

今働き盛りの方もいつかは退職し、老後を過ごすことになります。大半の方は年金や会社の退職金、自分個人でかけていた保険金で余生を過ごすことになります。最近では雇用条件というものが注目され、アルバイトや派遣社員など非正規職員であっても社会保険の加入ができるという認識が広まってきています。会社によっては退職金制度をもっていないとか、かわりに持ち株制にしているなど様々な方法で老後の保障を行う会社が存在します。登録販売者もほかの会社員同様、雇用形態で社会保障や年金などが変わります。

近年は1つの会社にとどまり定年退職まで働き続ける方は少なくなっています。20代30代となると転職経験が1、2回あるという方はとても多いです。資格を取得して転職するという方も多く、登録販売者の資格もそういった方が取得されることが多いです。登録販売者の場合、資格をもっていれば実務経験がなくても勤務できます。2009年の薬事法改正によって登録販売者を採用して、営業する整骨院やエステサロン、ドラッグストアなどが増えました。

求人も増えており、50歳前半だとまだ正社員の求人が見られます。しかし50代後半になると正社員の求人は極端に少なくなります。60歳以上の求人もありますが、定年となる年齢であったり、体力の問題が考えられるのでパートでの勤務がメインになります。50歳以上の転職では、前職での退職金が老後の生活のベースになります。新しく働く職場での勤務期間が少なくなるため、退職金が満足に受け取れないという可能性もあります。50歳を過ぎて転職に踏み切るというのは、何か深い事情があることを察することはできます。しかし老後どのような生活をしていくのかというビジョンを考えていかねばなりません。そのため、50歳を過ぎた転職は慎重にならなければいけません。

登録販売者の資格に関係なく、アルバイトや派遣スタッフであっても企業で社会保険に加入することができるので、健康保険や年金に関してはそこまで心配はいりません。しかし、退職金制度に関しては強制的に支給しないといけないという決まりがないので設けていない会社も多く存在します。入社する際には必ず確認しておくべきポイントです。登録販売者として職務を全うして退職しても、薬と関わらずに生きていくことは困難です。そんな時に自分や家族を守るための生涯使える知恵として資格を役立てることができます。それは決して無意味・無駄なことではありません。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.