登録販売者とレジ打ち

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の基礎情報 >> 登録販売者とレジ打ち

登録販売者とレジ打ち

登録販売者の仕事は一般的なドラッグストアや薬局で働く従業員と基本的には変わらず、当然レジ打ちもしなければならないお店がほとんどです。資格取得を目指す人の中には登録販売者はレジ打ちなどの雑用はしないで接客に集中できると考えている人もいますが、レジ打ちは接客の中でももっともお客さんと接する機会が多い業務であり、資格を持っている人の力を最大限発揮しやすいのです。

登録販売者がレジ打ちをすることによって、お客さんはその場で気付いたことや聞きたいことをすぐに尋ねられますし、医薬品の知識がある分ほかの従業員が薬剤師や登録販売者を呼びに行く手間もかかりません。その場ですぐに対応できれば多少混みあっていてもスムーズにレジ業務を進められますので、顧客回転率がよくなり効率的に売り上げを伸ばすことに繋がります。

また実際にドラッグストアで薬について質問したいとき、まずはレジに人がいないか探しに行ってそこで問い合わせるケースが非常に多いですから、お客さんにとってレジは店内で問い合わせをする最初の窓口になります。したがってその場所に登録販売者がいれば確実な対応できますので、資格を持っていない従業員がいるよりもメリットが大きいのです。特に大きな店舗では従業員を探すのも時間がかかる場合がありますし、レジに知識のある人がいてくれればとても助かります。

このような些細なことでもお客さんはお店に対して好印象を抱くものですし、たとえ登録販売者がいることを知らなくても薬に詳しい従業員がいるという認識を持ってもらえればリピーターになってもらえる可能性は大幅に高まります。ドラッグストアや薬局は全国的にも数が増えていますし同じ地域内で競争になるところもたくさんありますから、こうした部分で差別化を図っているところも少なくありません。

つまりレジ打ちは医薬品販売業務の一部であり、責任を持ってこなさなければならない重要な仕事なのです。さらに登録販売者の資格を持っていることによってレジで新しい医薬品の宣伝もできますし、そこでまた買ってもらえれば売り上げにも貢献できますのでその点も大きなメリットでしょう。

知識を持っているからこそ、積極的にお客さんのいる場所へいることが大切で、それがお店の評判を良くすることにもつながるので、これから登録販売者の資格を目指す人はレジ打ち業務の重要性もしっかりと頭に入れて、どのような接客をするのがベストか学んでおきましょう。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.