登録販売者の40代転職

登録販売者求人TOP >> 登録販売者の年齢別求人 >> 登録販売者の40代転職

登録販売者の40代転職

■40代は人生の転機
40代といえば一般的には家庭を持ち、マイホームのローンの返済や子ども教育費など、経済的にももっとも負担が大きい世代です。また自分たちの老後や、親の介護についても心配になってくる年代といえます。この年代の登録販売者が転職する場合、店長候補など管理職を目指しての転職が多くなるのが特徴です。

登録販売者としての経験を活かし、店舗管理者として働ける職場を探しましょう。40代の転職で職場のランクを落としてしまうと、家計や子どもの教育費、老後の資金などに支障をきたすことがあります。今後の人生設計を考え、ライフプランが実行できる職場を探すことが大切です。

■40代の転職で気をつけること
40代が転職する場合、転職の成功と不成功を分けるのは、これまでの実績です。登録販売者として医薬品販売の経験が豊富であったり、ドラッグストアなどの店長経験者で店舗運営ノウハウに精通している人は、たとえ40代であっても歓迎されますから、転職は成功しやすくなります。

しかし、登録販売者の資格を取得したばかりで店舗管理の経験がまったくない、医薬品の管理を始めとする店舗マネージメントのスキルが低い人は、採用されにくくなります。

採用側が40代の登録販売者に期待するのは、前職で身につけたノウハウです。40代ともなれば、これまでに受けた社員教育や毎日の現場での実践で、それなりの知識や技能は身に着けているはずです。きちんとした敬語が話せる、電話対応も臨機応変にこなせるなど基本的な接客スキルだけしか身に着けていなければ、若い従業員を雇用したほうが得です。しかし40代ならではの豊富な経験があれば、若手に十分に対抗できます。

40代で転職をする人は、これまで登録販売者としてどのように活躍してきたのか。そして豊富な経験を活かして、転職先にどのような貢献ができるのかをしっかりとアピールしてください。

40代の転職では、以前に勤めていた会社が不景気でリストラにあったなど、転職したくなかったのにそうせざるを得なかったという人が多いのですが、人間関係のあつれきなど自己都合で転職する場合は、転職前に家族としっかりと話し合うことが大切です。40代の転職では、転職後の年収が減少するケースがほとんどです。家計の都合なども考えて、一人で何でも決めてしまうのは家庭トラブルのもとです。このような点もじっくりと考えて、転職にチャレンジしましょう。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.