登録販売者の求人まとめ

登録販売者への転職をお考えなら

薬品の販売には欠かせない登録販売者。転職先としては薬局やドラッグストアをはじめ様々なところがありますし、健康への意識が高まる昨今ますます需要が高まる職業です。

登録販売者の転職ならリクルートエージェントがおすすめです。業界最大手の実績があるので求人数も豊富ですし、転職成功へのノウハウも期待できます。転職活動には必ず役立ちますのでご登録しておいて損はありませんよ。

登録販売者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントは、公開求人数が約21万件、非公開求人が約12万件と、求人取扱数が業界トップクラス。転職成功実績も業界ナンバーワンを誇り、利用者から最も人気の高い転職サイトです。 リクルートエージェントの強みは、求人数が多いことだけではありません。コンサルタントの質の高いことも、人気の大きな理由となっています。経験豊富なコンサルタントがそろっており、特定の業界に精通したスタッフから、希望の職種に合わせた求人紹介、アドバイスを得られます。このため医薬品業界に詳しいコンサルタントから、自分にピッタリの登録販売者の求人を紹介してもらえます。ていねいなヒヤリングで、自分でも気づいていない本人の強みを分析し、キャリアが活かせる求人を選りすぐって紹介してくれるのが特徴で、転職後のミスマッチングが少ないことでも高く評価されています。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
親身なコンサルティングに定評があるマイナビエージェントも、人気ランキングトップ3の常連になるほど評判の高さを誇る求人サイトです。 マイナビエージェントの魅力は、キャリアコンサルタントによるきめ細かなサポートです。コンサルタントが直接求人企業を訪れて職場状況を観察し、独自の調査結果を教えてくれます。採用が側が希望する人材、どのような社員が活躍しているのか、職場の人間関係、ノルマの厳しさなど、求人募集要項だけではわからない、転職者が本当に知りたい内情を教えてくれます。 転職に失敗したくない、具体的な職場環境を調べてから転職したい人におすすめです。コンサルタントから採用されやすい履歴書の書き方や面接の受け方など、具体的なアドバイスが得られることも人気の理由となっています。40代や50代の転職で、年齢に不安を感じている人にもおすすめの転職サイトです。

DODA 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界最大手のインテリジェンスの転職サービスです。メディカル業界など業種や職種ごとにキャリアコンサルタントが配属されており、登録販売者に絞り込んだ転職支援が受けられます。x 特に正社員としての転職には強みがあるので、安定した店舗に正規社員として働きたいという人におすすめです。口コミでは求人数が多く、サイトのインターフェースが使いやすい、求人検索や求人探しだけでなく、合同説明会や年収査定サービスなど使えるサービスが多いという意見も目立ちました。 豊富な求人情報と、コンサルタントによるきめ細かな転職サポートの両方が得られるだけでなく、転職成功に役立つさまざまな情報もサイトに掲載されています。登録販売者として今後のキャリア形成も含めた転職相談にコンサルタントが応じてくれますから、転職後のアフターケアも含めて安心して利用できる転職サイトです。

登録販売者の資格を生かした転職

■登録販売者とは?
薬は体の不調を治すのに役に立つ医療品ですが、その一方で副作用などの危険があるため、誰でも販売できるわけではありません。薬局やドラッグストアで薬を販売するためには、薬剤師や登録販売者といった有資格者が必要となります。

市販されているOTC医薬品は、副作用などのリスクの程度に応じて要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に分かれています。

要指導医薬品とはスイッチOTC薬とも呼ばれており、病院などで医療薬として使われていたものが、市販薬として新たに販売されるようになった薬です。新薬として販売されて間がないため、副作用などのリスクが高く、服用や取り扱いには十分な注意が必要となります。このため要指導医薬品を販売するときは薬剤師が、利用者の副作用歴などの情報を確認するとともに、文書などによる薬の説明を行わなければいけないと法律で決められています。また、店舗でも一般の医薬品のように棚などに陳列されずに、お客様の要望に応じて保管場所から取り出すことになっています。

第1類医薬品も副作用や、ほかの薬との飲み合わせなど、服用や取り扱いに特に注意が必要な医薬品であるため、要指導医薬品と同様に薬剤師がお客様に薬の説明を行うなど、一定の手続きを経なければ販売してはいけないと決められています。

このため要指導医薬品と第1類医薬品は、薬剤師しか販売できません。しかし第2類医薬品と第3類医薬品は、登録販売者の資格があれば販売できます。登録販売者は都道府県が認定する資格で、薬剤師に次ぐ薬の専門化として、薬局になくてはならない存在です。第2類医薬品と第3類医薬品しか販売できないので不便なのでは?と思う人も多いのですが、医薬品の約90%が第2類医薬品と第3類医薬品なので、ほとんど問題はありません。

■登録販売者の転職先
登録販売者は薬の販売に欠かせない資格ですから、転職先は主に薬局やドラッグストアなど薬を販売する小売店になります。このほか薬を販売するコンビニエンスストアやスーパーマーケット、ホームセンターなどからの需要も高まっています。

最近では鍼灸院やマッサージ店、エステティックサロンなど、健康・美容関連事業で薬を販売する店舗も増えていますから、登録販売者が活躍できる分野は広がりつつあります。将来、自分で小売店を経営したい人が、資格をとって店舗で働きながらお金を貯めるといった働き方も可能です。むかしは薬を売るお店といえば薬局だけでしたが、現在はさまざまな店舗で薬を販売するようになりました。この傾向は今後も続くとみられますので、今後ますます転職先が増えると予測されます。


Copyright (C)2016-2017 登録販売者の求人まとめ All Rights Reserved.